×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

弓道のススメ

浜松医科大学弓道部  主将  山本 琢己  (医学科4年)


新入生の皆さん、入学(合格)おめでとうございます。みなさん、大学で弓道なんてどうですか??

未経験者の方へ

 「弓道なんて見たこともやったこともないし・・・。」という方や、「テレビで見たことはあるけど・・・。」という方等、まぁ普通に暮らしている中では 弓道に接することなんて少ないのではないでしょうか。そこでです、大学に入ったのを期に、新しいことにチャレンジしてみるというのはいかがですか? 1回見てもらえるといいのですが、結構格好良かったりします。ちょっと前までへにゃへにゃに見えた先輩が道着に着替えるとしゃんとして見えたりと、色々 味わえます。日本人なんですから、一度は和の世界にはまってみるのもいいかもしれません。

 和風、和風と言いますが、実は、最近「国際弓道連盟」なるものができたんです。弓道もいよいよ世界に向けて動き出したわけです。国際化が進む今、弓道を 知っていると海外の人と話すときによかったりして・・・。

 さて、弓道部の自慢を。浜医の弓道部の売りは面倒見のよさです。大学に入って弓道を始める人がほとんどですが、ほとんどの人が有段者になり、大会でも いい成績をあげるまでになっています。未経験者だからといって、冷や飯食いになるなんてことは絶対ありません。実際、こうして主将をやらせてもらってい る自分も、大学から始めたので、本当です。

 と、いうことで、ぜひ一度見に来てください。そして雰囲気のよさが自慢の弓道部を味わい、もしよかったら入っちゃってください。大歓迎します。


経験者の方へ

 弓道経験者も、もちろん大歓迎です。

 浜松医科大学弓道部は教士七段の師範、五段の顧問の先生の下、日々練習しています。

 受験戦争の影響もあり、「しばらく引いていない・・・」という方も大丈夫です。弓道場は部活日以外にも毎日使えますので、空いた時間を使って練習できま すし、道場には7kgから15kgまで、総数にして50本程の弓が揃っていますので、筋力の回復に合わせて弓を変えていけます。 感覚を取り戻す環境は整っていると思います。また、毎週木曜日に師範の先生がいらっしゃいますので、射癖の克服等に励むこともできると思います。

 高校時代と雰囲気は多少異なる雰囲気もあるかと思いますので、ぜひ一度道場までどうぞ。上下、男女関係なく、和気あいあいと、バカなことを言いながら 楽しく弓道をしています。その空気を味わってみてください。

 「体がなまっちゃってしょうがない。」、「弓道の禁断症状で・・・。」という弓道LOVEな方。入学前でも構いません。ご連絡いただければ 道場にご案内いたします。どうぞご遠慮なく。


 では、弓道場でお待ちしています。


戻る